プリント

PAシステムとは…

PAは「Public Address」の略で、「大衆伝達」を意味します。その役割は、①音声や音楽を、②音質および音量を調整し、③スピーカーから聴衆に向けて伝達することです。

PAシステムは、音を入力するマイク、音のバランスを調整をするミキサー、音を増幅するパワーアンプ、音を出すスピーカーなどの組み合わせで、その用途は大きく2つあります。

  • 1つ目は「拡声」です。店頭販売やスピーチ、アナウンス、BGMなどがこれにあたります。
  • 2つ目は「音楽」です。ライブやコンサート、カラオケ、音楽教室やリハーサルスタジオなどのシーンがこれにあたります。

「拡声」は多くの聴衆に音を届けるための音量の拡大が主目的なのに対して、「音楽」は楽器の音量のバランスや音質など、音を総合的にデザインする要素も含まれてきます。

PAシステムで使われる機材の選び方とPA初心者の方に向けたガイドをご用意しています。

PAシステムの選び方

スピーチ、BGM、各種イベントや学校行事、そしてストリートからライブステージまで、サウンドが必要とされるあらゆるシーンでのPAシステムを紹介します。PA機材の組み合わせを、4つのタイプから選択できます。

PAビギナーズガイド

PAの基礎知識、バンドや会議などにおけるPAシステムの設定例、PAで使われるいろいろな機材などを解説した、PA初心者の方に向けたガイドです。

ページトップ