プリント

イメージを形にするために。

オーディオポストプロダクションやスタジオレコーディング機器に求められる要素は多種多様、そして些細な機能・操作性がスタジオの作業効率や作品の仕上がりに大きな違いを生み出します。
それを熟知しているヤマハの製品には、妥協を許さないスタジオエンジニアからの数多くのフィードバックと、開発者の経験に基づいた揺るぎないこだわりが込められています。
ヤマハデジタルミキサーとスタインバーグDAWの技術とノウハウを結集したアドバンストプロダクションシステム「Nuage」、 高品位ヘッドアンプやVCMエフェクト、サラウンドモニタリング機能搭載で確固たる存在を獲得しているデジタルミキサー「DM/0シリーズ」、そして確かなリファレンスサウンドを響かせるモニタースピーカー「MSP STUDIO/HSシリーズ」。
これら強力なツールがもたらす直感的な操作性や比類なき高音質が制作現場であなたの思い描くイメージを形にします。

トップランナーどうしだからできること。

ヤマハとスタインバーグのこれまでとこれから

ヤマハは1975年にオーディオミキサー「PM1000」を世に送り出して以来、音響機器のリーディングカンパニーであり続けてきました。 これまでスタジオモニター「NS10-M STUDIO」やデジタルミキサー「02R」、オーディオプロセッサー「SPX90」等、数々の名機と呼ばれる製品が世界中のスタジオで愛用されてきました。 そして、1990年代半ばから2000年台にかけてオーディオプロダクションの中心がDAWになっていくなか、 その世界でも一歩先を行くCPUベースの技術とソリューションを提供していたスタインバーグメディアテクノロジーズ(以降スタインバーグ)を2005年1月に完全子会社化し、 次代の製品・システムの共同開発を開始しました。  

スタインバーグは1984年の設立以来、オーディオ処理技術のスタンダードとなっている「ASIO(Audio Stream In and Out)」や「VST(Virtual Studio Technology)」等、 数々の先進的なテクノロジーを核に革新的な製品を作り出しており、DAWソフトウェアの「Cubase」や「Nuendo」を中心に、現在世界中に150万人を超えるユーザーがいます。 (スタインバーグに関する更に詳しい情報は こちら)

ヤマハとスタインバーグの共同開発が始まって以降、ヤマハはスタインバーグDAWの可能性を最大限に引き出す数々のオーディオインターフェースやコントローラーを生み出してきました。 今後も幅広い分野で両社のシナジーはますます加速していきます。

ページトップ