プリント

TFシリーズ、ファームウェアV3.5にてDan Duganオートマチックミキサーを搭載

April, 2017

タッチパネルに最適化し、直観的な操作性を実現したデジタルミキサー「TFシリーズ」が2017年6月、V3.5へバージョンアップします。

V3.5へのバージョンアップではいくつかの新機能が搭載され、ミキサー機能をさらに向上させ、中でもDan Duganオートマチックミキサーの搭載は「TFシリーズ」の活躍するフィールドを広げます。期待の新機能Dan Duganオートマチックミキサーと、様々なアプリケーションで好評を得ているTouchFlow Operation™とを組み合わせ、「TFシリーズ」の快適なオペレーションに磨きがかかります。

Dan Duganオートマチックミキサーの搭載

独自のアルゴリズムによるオートマチックマイクロフォンミキサーで定評のある米Dan Dugan Sound Design社とのコラボレーションにより、 「TFシリーズ」にDan Duganオートマチックミキサーが内蔵されます。

今回TFシリーズに搭載されるDan Duganオートマチックミキサーは最大8チャンネルのマイク回線のゲイン配分をリアルタイムで自動最適化し、まるで複数の優れたオペレーターが操作をしているかのような、自然な音量制御を実現します。 台本が無いスピーチや複数のマイクが使用されるプレゼンテーション、パネルディスカッションなどの現場でも個々のフェーダー操作に煩わされることなく、質の高い安定したミックス作業を行えます。同時にDan Duganオートマチックミキサーは十分なハウリングマージンを維持し、高音質でクリアな音質を常に提供します。

Dan Dugan Sound Design社 CEO、Dan Dugan氏のコメント
Dan Duganオートマチックミキサーの新たな搭載により、「TFシリーズ」はカンファレンス、シアター、役員会議室、討論会、テレビのニュース/スポーツ番組、ゲームショー、リアリティショー、教会、遠隔会議などさまざまなアプリケーションにおいて非常に大きなアドバンテージが得られるでしょう。

ヤマハ株式会社 PAビジネスユニットダイレクター 津川能行のコメント
「TFシリーズ」がV3.5で新たにDan Duganオートマチックミキサーを搭載できることを大変うれしく思います。V2.5ではMatrix Out ChannelやOutput Delayを追加し、V3.0ではセキュリティ分野での機能を追加しました。その後V3.1ではAES67に対応しました。ファームウェアのアップデートごとにその可能性を大きく広げてきた「TFシリーズ」のパフォーマンスが、V3.5で新たな次元へ飛躍できると信じています。

TFファームウェアV3.5は2017年6月のリリースを予定しています。

「オートマチックマイクロホンミキサー」についての詳細ページはこちら

オートマチックマイクロホンミキサー ホワイトペーパー:
http://download.yamaha.com/api/asset/file?language=ja&site=countrysite-master.prod.wsys.yamaha.com&asset_id=59494

ページトップ