プリント

Nuage Version2: モニターコントロールソリューションを統合

Apr, 2018

ヤマハ「Nuage」は、オーディオポストプロダクションから音楽録音・制作に至るまで、幅広い業務制作のアプリケーションに向けた先進のDAWシステムです。日々の作業効率を大幅に改善し、スタジオの生産性と作品のクオリティを引き上げる重要なツールとして、第一線で活躍するプロフェッショナルエンジニア達から高い評価を獲得しています。
今回リリースするVersion 2では、モニター/コミュニケーション機能の強化に着目、スタジオモニターマネージメントシステムMMP1との連携を実現しました。

MMP1は、モニターコントロールを中心に、今日のスタジオシステムに必要とされる音声処理機能をワンボックスに集約した革新的なシグナルプロセッサーです。
メインモニター回線やCueといった音声入出力を自由自在に設計でき、40x36モニターマトリクスと、全チャンネルにアライメント機能やFIRクロスオーバーフィルターを搭載した32x32スピーカーマトリクスを駆使することによって、かつてないフレキシビリティを実現。ステレオからイマーシブオーディオまで様々なフォーマットにおけるシステムの要求に応えます。

Nuageは Version 2ソフトウェアによってMMP1のリモートコントロールに対応、モニターする音声の選択やレベル調整、ダウンミックスやディマーのオン・オフ、トークバック操作などをNuage Master/Faderユニットのボタン・ノブを使って行うことができます。
これらの機能にはコンピューターやDAWが起動していない状態でもアクセス可能なため、従来のミキシングコンソールのような使い勝手でモニターセクションを操作することができます。
DAWコントローラーとモニタープロセッサー双方の魅力を最大限に引き出す画期的なソリューションが実現しました。

* Nuage Version 2ソフトウェアはヤマハプロオーディオサイトにて無償ダウンロードが可能です。

ページトップ