プリント

オーディオプロダクションの未来を切り拓く新しいプラットフォーム

限られた作業時間や制作コストに相反して要求される成果物の高い品質やクリエイティビティ。今日のポストプロダクションや音楽制作の現場におけるさまざまな課題を解決すべく、ヤマハとスタインバーグは、最前線で活躍するキーエンジニア達へのヒアリングと製品評価を重ね、ひとつの答えにたどり着きました。
ミックスや編集、ADRなどのあらゆるシーンにおいて、最適なシステムを模索するユーザーの要求を満たす新しいプラットフォーム、Nuage。
デジタルミキサーの世界におけるトップランナーのヤマハと、ネイティブプロセッシングDAWの第一人者スタインバーグが強力なパートナーシップのもとに導き出したシステムソリューションです。

迅速なオペレーションがもたらす比類なき作業効率

目の前のビデオ画面と耳に届く音に集中できるよう、オペレーターが求める操作性を追及して作りこまれたユーザーインターフェースは、長時間にわたる作業でもストレスを感じさせず、生産性を大幅に高めることができます。

先進の機能群が約束する成果物のクオリティ

クライアントにとって最も重要なのは言うまでもなく作品の品質です。Nuageシステムの卓越したサウンドクオリティや高度なプロセッシング機能、正確無比なモニタリングやタイムコード同期が、作品の仕上がりにワンランク上の完成度を生み出します。

システム構築の可能性を広げる幾つものアイデア

自由な組み合わせ・拡張が可能な各コンポーネントや、オプション機器類のインストレーション、複数DAWの切り替え制御、ネットワークオーディオによる自由なシステム設計など、様々なアプリケーションでの理想を具体化するための工夫がNuageにはあります。

ヤマハとスタインバーグについて

ヤマハは1975年にオーディオミキサー「PM1000」を世に送り出して以来、音響機器のリーディングカンパニーであり続けてきました。 これまでスタジオモニター「NS10-M STUDIO」やデジタルミキサー「02R」、オーディオプロセッサー「SPX90」等、数々の名機と呼ばれる製品が世界中のスタジオで愛用されてきました。 そして、1990年代半ばから2000年台にかけてオーディオプロダクションの中心がDAWになっていくなか、 その世界でも一歩先を行くCPUベースの技術とソリューションを提供していたスタインバーグメディアテクノロジーズ(以降スタインバーグ)を2005年1月に完全子会社化し、 次代の製品・システムの共同開発を開始しました。

スタインバーグは1984年の設立以来、オーディオ処理技術のスタンダードとなっている「ASIO(Audio Stream In and Out)」や「VST(Virtual Studio Technology)」等、 数々の先進的なテクノロジーを核に革新的な製品を作り出しており、DAWソフトウェアの「Cubase」や「Nuendo」を中心に、現在世界中に150万人を超えるユーザーがいます。 (スタインバーグに関する更に詳しい情報はこちら)

ヤマハとスタインバーグの共同開発が始まって以降、ヤマハはスタインバーグDAWの可能性を最大限に引き出す数々のオーディオインターフェースやコントローラーを生み出してきました。 今後も幅広い分野で両社のシナジーはますます加速していきます。

ページトップ

Nuageセミナー

実機を使ってのハンズオンセミナー東京・大阪にて毎月開催中!

よくあるお問い合わせ(Q&A)

お客様からお寄せいただくよくあるお問い合わせをまとめました。お問い合わせの前にぜひご確認ください。

Good Design Award

「NUAGE」が2013年度グッドデザイン賞を受賞しました。

Yamaha Design "Synapses"

Yamaha Designサイト「Synapses」では、プロダクトとコンセプトキーワードの関係性についてご紹介します。