プリント

NUAGE Tutorial Video

NUAGEチュートリアルビデオへようこそ。このビデオではアシュリー・シェファード氏がNUAGEシステムの概要、そして基本的な機能について詳しく解説します。 *日本語字幕をONにしてご覧ください。

1. Nuage Overview : イントロダクション
このチュートリアルでは、ヤマハとスタインバーグの先進のオーディオ・ポストプロダクションシステム、NUAGEの概要と基本的な操作方法について、ドイツ・ハンブルグより、アシュリー・シェファード氏が解説します。
1:43
2. Nuage Overview : システム・オーバービュー
オーディオ・ポスト・プロダクションにおいて、ヤマハとスタインバーグは、これまで別々の世界で成功を収めてきました。ヤマハはその状況を変えようと、NUAGEの開発を始めたのです。
6:02
3. Nuage Overview : NUAGEオーディオシステム
NUAGEシステムは、3つの主要なコンポーネントで構成されます。ハードウェア・コントローラー、アナログ/デジタルのインターフェースを備えたオーディオ・システム、そしてDanteアクセラレーターカードとDanteオーディオネットワーク。もちろんその中核にはNuendo。
2:01
4. Nuage Overview : Nuendo
NUAGEオーディオシステムは、Audinate社のDanteネットワークテクノロジーを使って相互につながり、標準ギガビットイーサネットのインフラを使えば、最大512系統のオーディオチャンネルが使用可能です。
3:23
5. Nuage Overview : Installation
このチャプターでは、各種ハードウェア、ソフトウェアのインストールおよび基本的な設定方法について解説します。
14:58
6. Nuage Overview : Control Room
このチャプターでは、Nuendo/NUAGEの重要なモニタリングシステムであるControl Roomについて解説します。
2:34
7. Nuage Overview : ユーザーアサイナブルキー
NUAGEでは、数々のカスタムコマンドをハードウェア・ファンクションボタンに自由にアサインすることができます。ここではその設定方法と操作方法について解説します。
2:20
8. Nuage Overview : トランスポート機能
標準的なトランスポート機能の操作方法に加え、高品質のジョグホイールの操作方法、各モードについて解説します。
2:55
9. Nuage Overview : 編集機能
このチャプターでは、NUAGEマスターユニットを使用した、各編集機能について解説します。
7:15
10. Nuage Overview : チャンネルコントロール
NUAGEマスターユニットではオーディオを編集したり、トランスポートやControl Roomを制御できるのみでなく、Nuendoチャンネルを完全にコントロールすることができます。
2:13
11. Nuage Overview : チャンネルトラックリスト
タッチスクリーンの便利な機能のひとつにTRACKリストがあります。ここではプロジェクト全体の概要をいくつかの違う側面から紹介します。
1:34
12. Nuage Overview : ADRコントロール
このビデオでは、マスターユニットがどのようにNuendoのADR機能をコントロールできるのかを紹介します。
NuendoのADR機能については、スタインバーグのYouTubeチャンネルを参照してください。
3:03
13. Nuage Overview : フェーダーユニットのエンコーダー
このビデオではフェーダーユニットについて、特にエンコーダーの使用方法について詳しく説明します。
9:56
14. Nuage Overview : トラックマネージメント
フェーダーユニットのタッチスライダーやMixer Agents、チャンネルのロック等を使用した高速かつ効率的なチャンネル、トラックのマネージメント、オペレーションについて詳しく説明します。
7:21
15. Nuage Overview : オートメーション
Nuendoオートメーションについて説明します。通常のRead/Writeに加え、オートメーションの各モード、Suspend、Preview、Touch Assistなど充実したオートメーションの各機能について解説します。
4:03

Working with Pro Tools Video

Nuageは最大3台までのDAWを接続しコントロールすることが可能です。このビデオでは、Nuendo、Cubase、そしてAvid Pro Toolsを切り替えて使用する方法を解説します。 *日本語字幕をONにしてご覧ください。

1. Working with Pro Tools - イントロダクション
Nuageは最大3台までのWorkstationを接続し、NuendoだけでなくCubase、そしてAvid Pro Toolsをボタン1つでスイッチングしながらコントロールすることが可能です。このビデオではその概要について説明します。
2:18
2. Working with Pro Tools - 必要な機器
ここでは複数のワークステーションのスイッチングをおこなうために必要なKVMスイッチャーやビデオスイッチャー等の機材や、インストールするソフトウェア等について解説します。
1:26
3. Working with Pro Tools - ソフトウェアのインストールと設定
ここではNuage PT Bridgeなど、必要なソフトウェアのインストール方法、および設定方法について解説します。
2:42
4. Working with Pro Tools - KVMスイッチャーについて
Nuageのディスプレイスイッチングをおこなうためには、まずはKVMスイッチャーについて理解する必要があります。
2:18
5. Working with Pro Tools - ビデオとUSBの接続
ここではKVMスイッチャーおよびビデオスイッチャーとNuageコントローラーとの接続方法について詳しく見ていきます。
3:09
6. Working with Pro Tools - Nuage Workgroup Managerの設定
各スイッチャーとコントローラーの接続が済んだら、Workgroup Managerの設定を行います。
2:04
7. Working with Pro Tools - DAWの切り替え
ここではDAWの切り替えについて、一斉に全体を切り替える方法と、それぞれのコントローラーを独立して切り替える方法について紹介します。
1:14
8. Working with Pro Tools - オーディオの接続
全てのワークステーションをNuage Workgroup Managerに追加したら、次にオーディオのチャンネルをメインのNuageシステムに接続します。ここでは2つの方法について解説します。
4:13
9. Working with Pro Tools - Pro Toolsの設定
Pro ToolsをNuage Workgroup Managerに追加したら、次にPro Tools上のHUIポートを設定します
2:12
10. Working with Pro Tools - FaderユニットからのPro Toolsコントロール
ここではFaderユニットからPro Toolsをコントロールする方法を詳しく見ていきます
9:09
11. Working with Pro Tools - MasterユニットからのPro Toolsコントロール
ここではMasterユニットからPro Toolsをコントロールする方法を詳しく見ていきます
15:34
12. Working with Pro Tools - Pro ToolsからのAAFファイルのエクスポート
このビデオでは、Pro ToolsのセッションファイルをPro ToolsとNuendo間でどのようにファイル交換するかを見ていきます。まずはPro ToolsからAAFファイルをエクスポートする方法を見ていきます。
4:20
13. Working with Pro Tools - NuendoでのAAFファイルのインポート
ここではPro ToolsからエクスポートしたAAFファイルをNuendoにインポートする方法について見ていきます。
2:22
14. Working with Pro Tools - NuendoからのAAFファイルのエクスポート
次にNuendoからAAFファイルをエクスポートする方法について紹介します。
3:20
15. Working with Pro Tools - Pro ToolsでのAAFファイルのインポート
次にNuendoでエクスポートしたAAFと、オーディオファイルなど全てのソールファイルをPro Tools側にコピーしたら、それをPro Tools側にインポートします。
5:49

Guide

Danteネットワーク設計ガイド

製品およびDanteネットワークの基本仕様を超えて、よりネットワーク設計に踏み込んだ内容をご紹介します。

ページトップ

よくあるお問い合わせ(Q&A)

お客様からお寄せいただくよくあるお問い合わせをまとめました。お問い合わせの前にぜひご確認ください。

Yamaha Design "Synapses"

Yamaha Designサイト「Synapses」では、プロダクトとコンセプトキーワードの関係性についてご紹介します。