プリント

「Danteに最適化」されたスイッチでネットワークを「見える化」

「SWP1シリーズ」は「Danteに最適化」、ネットワークの「見える化」を実現するL2スイッチです。従来、IT専門知識を必要としたスイッチの設定をDipスイッチのみで簡単に「Danteに最適化」することができます。また、専用のWindowsアプリケーションを使用して、ネットワークを「見える化」、監視・管理することができます。

ヤマハは1995年に国内ルーター市場に参入して以来、中小規模ネットワーク・SOHOを中心とした多くの企業に導入いただいています。また、2011年2月にはスイッチ市場に参入し、ヤマハルーター・ファイアウォール(以下、ヤマハルーター)と連携することでネットワークの設定・保守・管理などの負担を低減する機能を有したギガビット対応のL2スイッチを発売しました。

ネットワーク市場への参入から20余年、ライブサウンドをはじめとするプロオーディオ市場においても利便性の高いオーディオネットワークが普及、なかでもヤマハはデジタルミキシングコンソール「CLシリーズ」を筆頭に、オーディオネットワークDanteを採用した製品群の投入により、プロオーディオ市場を牽引しています。「SWP1シリーズ」はヤマハが満を持してプロオーディオ市場に投入するスイッチであり、IT機器とプロオーディオ機器の両方を知り尽くしたヤマハだからこそ提供できるソリューションといえます。

「SWP1シリーズ」により、オーディオネットワークシステムの設定・監視・管理・運用がより便利に簡単に行えるようになります。

品名 品番 希望小売価格(税抜) 発売日
L2スイッチ SWP1-16MMF オープンプライス 2016年2月
SWP1-8MMF
SWP1-8
光端子拡張ユニット MMF-SWP1 *
*SWP1シリーズへのMMF-SWP1取付は、弊社サービスセンターにて行っております。詳しくは光端子拡張ユニット(MMF-SWP1)取付サービスについて」をご覧ください。

ページトップ