プリント

Firmware and Software

iOS 10 でStageMixを使用する時の注意点

注 1:

iOS 10 は、Wi-Fi ネットワークの選択時にインターネットへのアクセスを試みる場合があるため、Wi-Fi機器(アクセスポイント/ルーター)の設定によっては、 「インターネットに接続できない」というメッセージがiPad画面に現れて、StageMixがコンソールに接続できない場合があります。 StageMixとコンソール間の接続にインターネット接続は不要ですので、Wi-Fi機器を適切に設定することにより、このメッセージが出ないようにする必要があります。 Wi-Fi機器の設定変更の方法は、「リダイレクト機能」を無効にするなどがありますが、詳細は機器メーカーにお問い合わせください。

注 2:

iOS 10 にて、StageMixをコンソールに接続したとき、Wi-Fi接続が一度"未接続"状態になると、その後の Wi-Fi接続が不安定となることがあります。 この場合、以下のいずれかの方法をお試しください。

[対策法1] 固定IPアドレス設定を使用する場合

1. iPadの"設定"アプリケーションを起動する。
2. Wi-Fiを選択する。
3. 使用しているWi-Fiネットワークの[ >]をタップする。
4. [ ルーター ]欄に、ルーターまたはアクセスポイントのIPアドレスを入力する。
  (通常、機器の底面などにIPアドレスは記載されています。)
5. [ DNS ]欄に手順4で入力したものと同じIPアドレスを入力する。
6. [□]ボタンを押して設定から抜ける。
7. StageMixを起動し、コンソールに接続する。

[対策法 2] DHCP設定を使用する場合

※DHCPサーバー機能を持ったWi-Fi機器では、以下の方法が使えます。

1. WebブラウザーなどからWi-Fi機器にログインし、設定画面に入る。
2. 手順1の設定画面で、DHCPサーバー機能を有効にする。
3. 手順1の設定画面で、DHCPサーバー機能が割り当てるIPアドレスの範囲を、コンソールのIPアドレスと重複しないように設定する。サブネットマスクの設定は、コンソールの設定と同じにしてください。
4. iPadの"設定"アプリケーションを起動する。
5. Wi-Fiを選択する。
6. 使用しているWi-Fiネットワークの[ >]をタップする。
7. "IP Address"下部の[ DHCP ]を選択すると、Wi-Fi機器からDHCPサーバー機能で設定したデータがiPadに割り当てられます。
8. iPadのIPアドレスと、コンソールのIPアドレスが重複していないことを確認する。
9. StageMixを起動し、コンソールに接続する。

この回答は役に立ちましたか?

カタログ

M7CL V3
[EN] [JA]

M7CL V3 New Features
[EN] [JA]

マニュアル

システム設計用資料

ページトップ

よくあるお問い合わせ(Q&A)

お客様からお寄せいただくよくあるお問い合わせをまとめました。お問い合わせの前にぜひご確認ください。