プリント

M7CL-48ES

M7CL-48ESは、ステージボックスSB168-ESとの組み合わせを前提に設計されており、従来機種であるM7CL-48の内蔵ヘッドアンプ×48の代わりにEtherSound端子が搭載されています。この端子にはSB168-ESを最大3台まで接続でき、複雑な設定もなく簡単にアナログ音声の伝送劣化を最小限に抑えたステージボックスソリューションを実現できます。

M7CL-48ES

  • EtherSoundのIN/OUT端子を利用し、SB168-ESを最大3台まで、デイジーチェーン方式またはリング方式で接続可能。設定はAUTO CONFIGURE機能により自動で行われるため、煩わしい操作は不要です。3つめのEtherSound端子(3rd Port)は、コンピューターとの常時接続に使用します。
  • ミキシングチャンネルとして、モノラル入力×48、ステレオ入力×4(合計56チャンネル)、MIXバス×16、LCRバス、MATRIX×8、さらにDCAグループ×8が利用可能。
  • 信号を自由にアサイン可能なマイク/ライン対応のOMNI OUTを8系統ずつ、および入出力を拡張する3系統のMini-YGDAIスロットを装備。
  • グラフィックEQとエフェクトをバーチャルラックにマウントし、任意のチャンネルにパッチ可能。最大4系統のマルチエフェクトプロセッサーと、最大8系統の31バンドグラフィックEQを同時に使用できます。
  • 選択した8チャンネルを常にセンター位置に置いたまま、ロジカルに、かつ直感的に操作できるCentralogicインターフェースを採用。
  • パワーサプライを1基内蔵。電源リカバー用に外部パワーサプライユニットPW800W(別売オプション)を追加した場合には電源の二重化が実現できます。
  • 希望小売価格: 2,000,000円 (税抜)
  • 生産完了品・販売終了

M7CL-48

高品位なヘッドアンプを48基内蔵し、マイク/ラインレベルのアナログ信号を直接コンソールに接続できるオールインワンモデルです。既にアナログのインフラが整っている環境に最適です。

M7CL-48

  • モノラルのマイク/ライン入力×48、ステレオ入力×4、OMNI OUTx16、Mini-YGDAIスロット×3を装備。
  • ミキシングチャンネルとして、モノラル入力×48、ステレオ入力×4(合計56チャンネル)、MIXバス×16、LCRバス、MATRIX×8、DCA×8が利用可能。
  • グラフィックEQとエフェクトをバーチャルラックにマウントし、最大4系統のマルチエフェクトプロセッサーと最大8系統の31バンドグラフィックEQを同時に使用可能。
  • ロジカルに、かつ直感的に操作できるCentralogicインターフェースを採用。
  • パワーサプライを1基内蔵。電源リカバー用に外部パワーサプライユニットPW800W(別売オプション)を追加した場合には電源の二重化が実現できます。
  • 希望小売価格 オープンプライス
  • 生産完了品・在庫僅少

M7CL-32

M7CL-48と同等の機能/性能を備えながらも、入力チャンネルを減らすことで省スペースと経済性を追求したモデル。

M7CL-32

  • モノラルのマイク/ライン入力×32、ステレオ入力×4、OMNI OUTx16、Mini-YGDAIスロット×3を装備。
  • ミキシングチャンネルとして、モノラル入力×32、ステレオ入力×4(合計40チャンネル)、MIXバス×16、LCRバス、MATRIXチャンネル×8、DCA×8が利用可能。
  • グラフィックEQとエフェクトをバーチャルラックにマウントし、最大4系統のマルチエフェクトプロセッサーと最大8系統の31バンドグラフィックEQを同時に使用可能。
  • ロジカルに、かつ直感的に操作できるCentralogicインターフェースを採用。
  • パワーサプライを1基内蔵。電源リカバー用に外部パワーサプライユニットPW800W(別売オプション)を追加した場合には電源の二重化が実現できます。
  • 希望小売価格 オープンプライス
  • 生産完了品・販売終了

ページトップ

よくあるお問い合わせ(Q&A)

お客様からお寄せいただくよくあるお問い合わせをまとめました。お問い合わせの前にぜひご確認ください。