プリント

M7CL-48ESシステム例

システムの概要

  • SB168-ESは、リダンダンシーのためにリング接続しています。
  • Digigram LX6464とSteinberg Nuendoを用いれば48トラックのライブレコーディングが可能です。
  • 明瞭度が高くでシンプルなAviomパーソナルモニターシステムを使用できます。
  • Waves WSG-Y16とMultiRackソフトウェアの組み合わせでさまざまなプラグインエフェクトが利用できます。
* このシステムを実現するためには、M7CLのAUTO CONFIGURE機能をオフにし、AVS-ESMonitorを使ってEtherSoundの設定する必要があります。

M7CL-32/48 システム例

System Summary

  • 既存のアナログのインフラをフル活用するためのシンプルなシステム例です。
  • 既存のアナログコンソールを簡単にM7CL-32/48に置き換えることができます。また、3基のMini-YGDAIスロットは入出力の拡張に使用できます。
  • Aviomのパーソナルモニターシステムを簡単に追加できます。
  • Dante-MY16-AUDを使用すれば、高音質でのマルチトラックライブレコーディングが可能です 。
  • MY8-ADDA96を使用すれば、アナログアウトボードのエフェクトをインサートするのに便利です。

ページトップ

よくあるお問い合わせ(Q&A)

お客様からお寄せいただくよくあるお問い合わせをまとめました。お問い合わせの前にぜひご確認ください。