プリント

ヤマハ音響機器に幅広く対応、カスタマイズ可能なリモートコントロールソフト「ProVisionaire Control」

「ProVisionaire Control」は、MTX/MRXシリーズによるシステムのコントロールパネルを自由に設計し、遠隔制御できるソフトウェアです。Windows PCまたはタブレットの画面上でコントローラーを設計し、Windowsタブレットに流し込みコントローラーとして使用します。配置できる操作子の種類や対応する音響機器が多く、「ProVisionaire Touch」よりもさらに進んだカスタマイズが可能です。

シンプルで直感的な設計画面

「ProVisionaire Control」を用いて、シンプルかつ直感的にコントローラーの設計ができます。マイクのON/OFFボタンやCDプレイヤーのボリュームフェーダーなどを、ドラッグ&ドロップするだけで簡単に配置できます。設計ページが複数あるため、部屋やゾーン、ユーザーに合わせてそれぞれ最適なプリセットやパラメーターを組み合わせたコントロールパネルをデザインすることができます。

1つのプロジェクトにつき最大20台のコントローラーを配置可能です。また1台のコントローラーにつき、制御する部屋やゾーン、ユーザーに合わせて50種類の設定を保存可能です。

ヤマハ音響機器に幅広く対応し一元管理

「ProVisionaire Control」はプロセッサー MTX/MRXシリーズに加えてデジタルミキシングコンソール CL/QL/TFシリーズ、I/O Rioシリーズなどヤマハ音響機器に幅広く対応しています。これにより機器を一元管理し、1つの画面から制御できます。

ProVisionaire Control Ver1.0
プロセッサー MTX3, MTX5-D, MRX7-D
デジタルミキシングコンソール、デジタルミキサー CL1, CL3, CL5, QL1, QL5
TF1, TF3, TF5, TF-RACK
パワーアンプリファイアー XMV4140, XMV4140-D, XMV4280, XMV4280-D, XMV8140, XMV8140-D, XMV8280, XMV8280-D
インターフェース EXi8, EXo8
Rio3224-D, Rio1608-D, Ri8-D, Ro8-D
Tio1608-D

システム例:Danteを活用したAVプレゼン/BGM配信/ページングシステム(企業・学校・ホテル宴会場など)

  • 館内放送と各エリアの音声制御はMRX7-Dシステムに集約し、Provisionaire Controlで一括管理
  • Meeting Roomの音量はそれぞれの部屋に設置されたコントロールパネル「MCP1」で個別にコントロール
  • パネルディスカッションや講義、バンド演奏など、より多くの音声入力とより細かい操作が必要な場合はデジタルミキサーを活用

ユーザーレベルの設定

「ProVisionaire Control」からユーザーレベルを設定することができます。意図しない制御やシステムの変更などのトラブルを未然に防ぎます。

操作専用アプリ「ProVisionaire Control KIOSK」

コントローラーの設計用ソフトウェア「ProVisionaire Control」に対して、「ProVisionaire Control KIOSK」はコントロール専用のアプリケーションです。Windows PCで設計した「ProVisionaire Control」データを、「ProVisionaire Control KIOSK」をインストールしたWindows タブレットに流し込みコントローラーとして使用します。「ProVisionaire Control KIOSK」からはコントローラーの設計画面に入ることができないため、意図しない制御やシステム変更のトラブルを未然に防ぎます。

コントローラーの設計手順

Step 1: コントローラーをデザインする

Windows PCで「ProVisionaire Control」を立ち上げます。フェーダーやスイッチの役割を果たす操作子をレイアウトし、PA機器にアサインします。

Step 2: PC上で動作検証を行う

PCの画面上でコントローラーを表示し、コントローラーが機能するかどうか動作確認を行います。
確認できたらファイルをエクスポートし、Windowsタブレットの「ProVisionaire Control KIOSK」にインポートします。

Step 3: Windowsタブレット上で動作検証を行う

システムをオンラインにするとすべての対応機器がタブレットからコントロールできます。タブレットは壁に埋め込み設置をします。または調整に便利な可搬タブレットとして運用します。

ページトップ