プリント

ホール、劇場など設備用スピーカーを多彩にラインナップ

インストレーションシリーズは、ホールや劇場、講堂、会議室など、常設型の様々なアプリケーションに向けて開発したスピーカーシリーズです。

ヤマハのミキサーは、世界の著名ホールや劇場をはじめ、数多くの施設で使用されており、多系統のスピーカーの複雑なプロセッシングが行えるプログラマブルなDSPエンジン「DMEシリーズ」や、高い信頼性と音質に定評のあるパワーアンプ「Tnシリーズ」「PC-1Nシリーズ」、「XPシリーズ」、マルチチャンネルアンプ「XMシリーズ」など、設備用途に適した製品を数多くラインナップしています。

一方、スピーカーメーカーとしてのヤマハの歴史は古く、「NS1000M(現在廃番)」やスタジオモニタースピーカーの世界的な標準モデルの一つとなった「NS-10M STUDIO(現在廃番)」、SR用スピーカー「Concert Clubシリーズ」などにおいて高い評価を得ています。インストレーションシリーズは、これらのモデルの開発で培った高品位な音質を、ホールや劇場などを中心とした設備用スピーカーの分野において提供するものです。 このインストレーションシリーズの発売により、当社が目指す設備音響の分野における理想型である、「ミキサーから音の出口であるスピーカーまでのトータルなシステム提案」が行えるようになります。 インストレーションシリーズの開発におきましては、開発リーダーに「NS-1000M」、「NS10M STUDIO」を手がけた弊社スピーカーデザイナー仲村昭を起用し、世界的に著名なスピーカーデザイナーであるマイケル・アダムス氏※との協業を実現しました。

※:Michael Adams.米国のスピーカーデザイン専門会社「Audio Composite Engineering 」のチーフデザイナー。氏はSRエンジニアとしても長年の経験を持ち、「SRエンジニアの耳」を持った世界屈指のスピーカーデザイナー

ページトップ