プリント

有限会社ロズウェル 様 / SRカンパニー / 滋賀県

Japan/Shiga, Jul 2011

滋賀のSRシーンを支えるロズウェルNEXO GEO S12 を導入。

滋賀県は大津市、琵琶湖のほとりにオフィスを構え、地元滋賀を中心に関西圏で幅広く音響業務を手掛けるSRカンパニー・有限会社ロズウェル。足掛け2 年に及ぶメインスピーカー選定の結論は、NEXO GEO S12システムだった。
代表取締役の大村氏はGEO S12導入経緯について、次のように話してくれた。「弊社ではスピーチイベントからロックコンサートまで幅広く手掛けています。大小様々なラインアレイスピーカーを試しましたが、やはりコンパクトなものだと生音の入るバンド音楽ではどうしても物足りなくなってしまうんですね。その中でもGEO S12は非常にコンパクトですが、12インチウーファーを抱えており、大音量が必要となるロックコンサートでも十分な性能を発揮出来るスピーカーでした。それが今回導入を決めた大きな理由です」

なおサブウーファーには18インチウーファーを2機搭載したRS18をチョイス。チーフオペレータの岩塚氏は「15インチモデルのRS15と迷いましたが、ロックコンサートなどにも対応出来るよう、よりパワフルなRS18を選びました」と語る。またパワーアンプにはNEXO NXAMP4x4 を選択。ロズウェルではPS15 ・LS1200を所有しており、これらのスピーカーもドライブ出来るメリットを考慮、さらにM7CLやLS9などとのEtherSound ネットワーク構築も視野に入れての導入となったようだ。
GEO S12導入後初の現場にお邪魔すると、大村氏は「最強の道具を手に入れた気分です」と語ってくれた。新たな道具を手に入れ、ロズウェルは今後ますます滋賀のSRシーンを盛り上げてくれるに違いない。

美しい琵琶湖のほとりで夕陽を浴びて輝くNEXOスピーカーシステム

システムの要はNEXOパワードTDコントローラNXAMP

熱い語り口が印象的な同社代表取締役の大村崇氏

データ

ページトップ

  • 事例
    • 納入事例(国内)