プリント

株式会社 OM FACTORY 様 / プロジェクトスタジオ / 東京都

Japan/Tokyo, Mar 2017

音楽制作やDAW専用PCのアセンブルを手がけている株式会社OM FACTORYが、このたび自社で所有する下北沢スタジオにNuageを導入されました。ユニークな環境を構築したというスタジオを訪問し、代表取締役の大島 su-kei氏にお話しを伺いました。

まずはスタジオについて簡単に紹介いただけますか?

Nuage導入にあわせて、アフレコやMA作業環境の強化を行いました。そのためにスタジオのデザインや設計、施工を1から考え作り直しました。プライベートスタジオのサイズでありながら、演者や外部エンジニアが快適に使用できる空間を目指しました。

以前のスタジオもご自身で作ったとお聞きしています。今回もお一人で行われたのですか?

そうです。設計デザインから柱組から壁まで、内装工事の全ての作業を私一人で担当しております。工事は計3週間ぐらい掛かりましたが、肉体労働でまた痩せましたね(笑)

スタジオのコンセプトをお聞かせいただけますか?

コンセプトはずばり、演者さんが入った瞬間、ここで「アフレコしたい!」と直感的に感じる部屋の雰囲気作りが命です。
スタジオのデザインや雰囲気はパフォーマンスにも影響が出ると思っています。

デザイン面では、Nuageを導入する事を先に決めていたので、「Nuageに合う部屋のデザイン」を強く意識しました。特に黒を基調とした色使いがポイントになっています。

スタジオの特徴をお聞かせいただけますか?

今回、最大の特徴としてはブースだけではなくコントロールルーム内でも録ることができるという事です。監督さんらが演者さんに直接目の前でアドバイスを出しながら収録して頂くという、演技を交えたレコーディング方法が可能です。Nuendoが持つ強力なダイアログレコーディング機能「ADRテイカー」を活用するための作りにもしています。

この環境作りにあたってNuageは配置の自由度が高く助かりました。ユニットごとに分かれたセパレート構成で、奥行も抑えられているので、コントロールルームが以前より広くできました。

システム面での特徴をお聞かせいただけますか?

弊社はDAW専用PCメーカーでもあるので、その強みを活かし、「Nuage専用PC」を新たに設計・組み立てしました。NuageのコアエンジンはNuendoソフトウェア+PC本体です。つまりPCの性能を強化すればとてつもないパフォーマンスを発揮できます。ここはDSP専用DAWとの決定的な違いですね。

具体的には、1000トラック以上の同時再生、1500台以上のプラグインエフェクトの使用が、このたった一台のPCとオーディオインターフェイスの環境で、Nuendo+Cubase+Pro Toolsを「全て同時に使用」も問題なく可能です。

実際に、Nuendoで長尺物のミックスダウンを行っている間、Cubaseで別のプロジェクトのレコーディングや編集作業を行っていました。もちろん2つともエフェクトが多く掛かったヘビーなプロジェクトです。結果、ワークフローに無駄な待ち時間はなくなりましたね。

また、Type-CのThunderbolt 3環境で構築しているのも特徴です。更にUniversal Audio UAD-2やWaves DiGiGridも接続されており、DanteとSoundGridが同じネットワークで統合されています。Nuageシステムはサードパーティーとの親和性も限りなく高いですね。

Macもネットワークで統合していますので、Mac版のCubaseとPro Toolsも完全同期で動いています。NuageはWindowsとMac上の計3つのDAWをユニット別にそれぞれコントロールできるので大変便利です。Macユーザーのゲストエンジニアさんとの共同作業の場合に絶大な効果が発揮できていますね。

Nuageを導入された感想はいかがでしょうか?

まずデザインが好きです!この為に部屋を完全に作り直したぐらいですから(笑)。おかげで一気にスタジオの雰囲気が変わりました。

もちろん機能性も素晴らしいです。特にUSER ASSIGNABLEキーは便利ですね。マウスとキーボード操作だけでは時間が掛かるコマンドが、手の届く範囲に全て収まります。エンジニアがやりたいことを非常によく考えて作られていると感じました。

また、バージョンアップごとに大きく進化しているのも導入のきっかけになりました。今後も色々と新機能がついていくだろうと思いますので、楽しみにしております。

プロフィール

大島 su-kei
株式会社 OM FACTORY
代表取締役

音楽機材/ソフトウェア/PCパーツに精通し、多くの著名クリエイターの音楽制作専用PCの開発・設計を手掛ける。また、プライベート・スタジオの柱組みから壁製作、内装工事まですべてを自分の手で施工することをモットーとし、日々最高の音楽制作環境の実現を追求している。

クリエイターとしては、最先端機材を駆使した音楽制作スタイルに特化しており、TVアニメ遊戯王☆ZEALでは第2期主題歌では作曲・編曲・ミックスを、ツイッターのフォロワーが90万人に達する人気歌い手としてである96猫のサウンドプロデュースや、初音ミクによる3Dライブ「初音鑑夏祭」では全曲の編曲も担当。また、シンガーソングライターである奥華子の編曲も多く手掛け、武道館で例年行われる清水ミチコのライブ音源制作や、世界的に人気有名ゲームの最新作ではレコーディングエンジニアを担当するなど、活動の幅を広げている。

データ

製品情報 NUAGE

ページトップ

  • 事例
    • 納入事例(国内)