プリント

リバーブとは

リバーブは、音に残響音や反射音を加えることで、空間的な深みや広がり感を出すエフェクトです。たとえば小さなホールで演奏していても、大きなホールで演奏しているような残響感を演出することができます。

リバーブの仕組み

リバーブ音は建物の壁や床、天井などに音が反響した音です。たとえば、建物の中で歌を歌うと、まず歌が直接聞こえます。その後に近くの壁から反射した音が聞こえ、そしていろいろなところに反射した音が響いてきます。これら壁や床、天井からの反射音をリバーブといいます。

リバーブのタイプ

リバーブにはいくつかのタイプがあります。ここで代表的なものをあげてみましょう。

Hall(ホール)

ホールという名前からもわかる通り、大きな部屋をシミュレートしており、リバーブタイムも長めです。リバーブとしての効果が一番わかりやすいタイプです。

Stage(ステージ)

ホールよりも小さい空間をシミュレートしたリバーブです。

Room(ルーム)

部屋をシミュレートしたタイプで、リバーブタイムも短めです。

Plate(プレート)

かつてレコーディングスタジオでのリバーブサウンドの定番だった、金属プレートを用いたリバーブをシミュレートしたものです。サウンドに温かみがあることから、特にボーカル用として使われます。

リバーブの使い方のコツ

リバーブはサウンドに臨場感を与えることができますが、かけ過ぎるとサウンドが濁ってしまいます。原音がしっかり聞こえるようにしながら、少しずつリバーブの音を足していきましょう。

ページトップ